お盆だけど、電話してしまった。

起訴?

不起訴?

はぁ・・・

ずっとずっと気になる。

検察庁は、お盆休み?

お盆休みだと思って、、、

ガイダンスでもいいから、検察庁とつながりたい。

そんな変な意識にかられ・・・電話してみた。

え?(@。@) つながった・・・

あら、びっくり!!




主人の事件、主人が被害者なんですけど・・・

もう、起訴か不起訴かわかったんでしょうか?

あ!(><)すみません!

被害者ではなく、被疑者です!



思わず、旦那が<被害者>だなんて口から出たよ(^^;)




担当検事さんはTさんです。

そう言うと、Tさんに電話をつないでくれました。



「もしもし・・・あの・・・
 主人、もう起訴か不起訴か決まったんでしょうか?」

「うん、奥さんね・・・
 前にも言ったけどね、検察庁としては 不起訴になってます。
 で、不起訴という書面が欲しいなら検察庁まで取りにきてくれたら
 ちゃんと、お出ししますよ。ただ・・・審査会してますので
 それが、どうなるかはわからないんですよね」

「私も、こんな何回も電話するのは申し訳ないと思っているのですが
 胸のつっかえが、取れないんです・・・
 調べましたが、審査会は一般の人11人で集まってするそうですね。
 で、6人が・・・とか8人以上で・・・とか読みました。
 その後、また検察庁で起訴か不起訴かの判断をするそうですが
 検察庁に、その結果が届くのが大体いつくらいとかもわかりませんか?」

「うん、それは僕のほうでもわからないのよ」

「私も、お盆までは決まらないと言われたのですが
 もう・・・しんどくて・・・また電話してしまいました」

「うん、奥さんね こちらでは不起訴になってるから
 書面がいるなら、取りにきてくれたら出しますよ」

「書面がいるなら
 そちらに行かせてもらわなきゃいけないんですよね?
 いえ・・・書面が欲しいんじゃないんです。
 電話でもいいんです。結果が知りたいだけなんです。
 じゃ、そちらに行かなくても
 こうやって電話して、聞けばわかったならば答えてくれますか?」

「(少し笑って)いいですよ」

「どれくらいの間隔で電話すれば・・・
 年末までかかりますかね?」

「いや、今年中には決まるでしょ」

「じゃ、前に一か月ごと電話しますって言ったと思いますが
 8月の末、9月15日くらい、9月の末に
 電話していいでしょうか?」

「(少し笑って)いいですよ」

「はい、ありがとうございます」





検察庁の担当検事さんとは、こんな感じの会話でした。
うるさいオバハンと思っているのでしょうか?
前回、文句を言ったからでしょうか?
やけに、優しい接し方でした。


「交通違反で警察に捕まったら
 きつく言われたときは見逃してくれるときある。
 そやけど、優しく言ってきたときには
 キップをきられるぞ」

旦那が、そんなことを言うときがあります。

じゃさーー
優しい検事さんの言い方の時は・・・
え?起訴になるの?
関係ないよね?関係ないよね?



ふぅ・・・ 
[PR]

# by miruku_59 | 2017-08-15 12:51 | 旦那、運転免許への道

もうすぐ、4ヶ月。

メソメソしてた日からは
けっこう立ち直り・・・
今は笑って暮らしている。
でも、考えると恐ろしい。
よく、生きてくれてたものだと感謝してる。
相手の人が、もしも生きてなかったら・・・
考えたら、ゾっとします。
生きててくれて、ありがとう。
怪我も治ってくれたみたいで、ありがとう。

あれから、もうすぐ4ヶ月。
[PR]

# by miruku_59 | 2017-08-10 04:33 | 旦那、運転免許への道

友達、誕生日

今日は奈良にいる幼馴染の誕生日。
5月12日は京都にいる幼馴染の誕生日だった。
毎年、電話をかけて お祝いの言葉を届ける。
二人ともに、お祝いの言葉の後に同じようなことを聞いた。


「おめでとう~~~
 なぁ、私の旦那の事件こと知ってる?」

「え?何々?」


二人とも、何も知らないと言ったので


「知ってるなら、知ってるって言ってよ。
 ちゃんと話したいからさ。知らないフリされるんイヤやで」

「ほんまに、知らんって!」


二人とも、ほんと~~~に知らないみたいだった。
京都の幼馴染のお姉さんは私と同じ町内に嫁いでる。
しかも、うちのお隣の奥さんとメチャ仲がいい。
奈良の幼馴染の妹さんは私と同じ町内に嫁いでる。
しかも、、、同じ地区なんですよね~
なので、京都の幼馴染も奈良の幼馴染も
旦那の事件を知ってると思ってた・・・
けど、ほんとうに知らないみたいだったので
ちゃんと説明しておきました。


「そうだったの?
 じゃ、すごい経験したんだね~ もう、大丈夫?」

「もう、大丈夫!元気でやってるで。
 悩んだ時期は、とうに過ぎたよ(^^)」

「それなら、よかった~」


ほんとうに会おうよ!
いつも、こんな言葉で話は終わるけれど
みんな、お孫さんがいて お孫さんのことで
色々と忙しそう・・・だ。





まぁ、悩んだ時期は過ぎたと言えど
あのことについてはゼロではないわな。
早く、結果が出てほしい。
結果が出たとしても・・・一生、心に残る出来事やでな。
相手の人が生きてくれてて
ほんとう~~~に、よかったと つくづく思う。
[PR]

# by miruku_59 | 2017-08-01 10:02 | 旦那、運転免許への道

検察審査会

検察審査会

こういうものがあるんですね。

今、旦那はこれにかかってるんだろうなぁ~

一般の色んな人11人で審査されてる?みたいです。

2~3か月かかるんだろうか?

あーー
[PR]

# by miruku_59 | 2017-07-29 10:13 | 旦那、運転免許への道

ふーん、って思ったこと。

検事さんに電話して
起訴か不起訴かを質問した時の電話のやりとりで
ふーん・・・???って思ったことが3つほど。


カンタンに書きます。


ひとつ、
国選弁護人の費用というのは人夫出しのようなものですから。

ひとつ、
いくら殺人を犯していなくても裁判官が有罪にすれば殺人犯です。

ひとつ、
私の言うことを信じず、弁護士の言うことを信じるなら
そうすればいいじゃないですか。


話の前後を書いてないので、わかりにくいでしょうが
書くと・・・めちゃ長くなるのです。
ただ・・・検事さんのものの言い方ってものが
ちょっと、おかしいと私は思います。
わざと、気分の悪くなるような言い方を勉強してるのでしょうか?
人を奮起させ、例えば・・・罪を吐かす?
そのために、気分が悪くなるような言い方を勉強するんでしょうか?
かと思えば、優しい言い方になったり・・・
え?二重人格?
私の感覚がズレているのでしょうか?
いや・・・私、ズレてないと思うのですが・・・ズレてるの?
検事さんは・・・頭脳ってものは、いいのかもしれませんが
人を思いやった話し方ってものに欠けると思いました。
相手の立場になる、相手の気持ちになるって
すごく難しいけど、大切だと思います。
そして、人を裁いたりする仕事に就いたのだから
そういうモノを日々磨くべきだと私は思います。
やりきれない事件が多いから、そうなってしまうのでしょうか?

初心、忘るべからず。

自分にも、言い聞かせます。
[PR]

# by miruku_59 | 2017-07-27 00:42 | その他