<   2017年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

旦那が、言うんです。


「Mさん(元同僚)から電話があって
 なんや・・・Hさん(元同僚)から預かってるものあって
 それ、渡したいから 今日、会えるか?ってことでやったんよ」

「うん」

「おら、アシないし・・・送ってもらえる?」

「うん、いいよ」

「ほな〇〇で3時に約束してもいける?」

「ええよ~ 私は?一緒に行ってもいいの?」

「うん、ええよ」

「そうなん?どこかで待ってたほうがええんちゃうん?」

「かまへん、かまへん。一緒でいいよ」

「わかった~」



そんなわけで、昨日 元同僚のMさんと会ってきました。
Mさんは・・・

「25年も勤めて こんな終わり方・・・
 俺、くやしいわ。会社ものぉ・・・
 ま、組合辞めてるからなぁ。俺、何も言えんけど。
 組合員なら、俺 動くんやけどなぁ・・・」

「いやいや、Mさん・・・全ておらの認識の甘さでこうなって。
 それは、もう・・・自分が悪いから仕方ないし・・・
 Mさんには、すごくよくしてもらって・・・ありがとうやで」

「うん・・・
 ほんで、これ・・・
 H君から預かってきたんよ。
 H君が皆に声かけてくれたと思うわ。
 そやから連絡は、しておいて・・・
 皆で31人から、ちょっとやけどな・・・」

  そう言って差し出された・・・袋。
a0345094_13482691.jpg


「え?(@。@)」

「俺からも・・・ちょっとやけどな」

「え・・・こんなん、もらうわけにはいかへんよ!
 あかんあかん!!」

「何、言うてんや!ちょっとやぞ!
 何も言わんと受け取れ」

「いや・・・そんなん、あかんって!」

「何も、言うな!
 ほんで、言うとくぞ!返しなんかしたらあかんぞ!」

「・・・・・・
 ・・・・・・ そしたら・・・ありがたく・・・・・・
 いただきます・・・ありがとう・・・」

「袋の中に、してくれた人の名前 書いてるから」

「・・・そう・・・はい」


それから旅行好きなMさんの話をいっぱい聞かせてもらって
Mさんと別れました。

私は涙が止まらずで・・・
餞別の袋の中には、お手紙も入っていました。



  ありがたすぎて、泣けます・・・
a0345094_14114233.jpg



今まで、こんな辞め方した人はいないだろうから
元同僚の人達も、かわいそうに・・・と
思って下さったんでしょうね・・・

ほんとうに、ありがとうございます・・・





それから二人でペットショップに行ったら・・・
珍しくビーグル犬がいて・・・
あらら。。。
ラッキーがいなくなって、2年も経ってるのに
大号泣の私でした・・・
店員さん、驚いたでしょうね・・・ごめん。
旦那が・・・

「おまえ、長いのぉ・・・
 まだ、そこまで泣いてしまうんやのぉ・・・」

「うぅ・・・うぅ・・・会社の人の優しさも手伝って・・・
 ううぅぅ・・・」

「・・・・・・」


a0345094_14203386.png
a0345094_14215659.png






出会いと別れ・・・
仕方ないことですやん・・・ね。
[PR]
by miruku_59 | 2017-05-31 14:25 | その他
旦那の会社に健康保険証を返して来ました。
会社に在籍してる時
旦那には、冗談ばっか言ってたらしい上司のHさん。
辞め方を会社都合やら自己都合やらでちょっとだけモメて・・・
その時には、厳しい顔してたHさん。
でも、もう 自己都合でいいや。と退職した途端
またまた、優しい笑顔が戻った上司のHさん。
Hさんも社長命令で苦しかったんだろうな・・・ごめんね。

旦那が会社に健康保険証を返しに行ったら
そのHさんが事務所にいたらしい。
私は車の中で待ってたんだけど
用事を済ませ車に乗り込んだ旦那が・・・


「Hさん、冗談言ってた」

「なんて?」

「俺に会いたくなったら 
 いつでも会社まで、会いに来てや~。って」

「ふぅ・・・ん。Hさんも自己都合で辞めてくれて
 ホッとしたんやろうね」

「そうやろの・・・」

「ま、1年くらいは何とかなっても
 あと残りの2年・・・何かしなきゃいけないからな」

「うん、わかってる」

「自分、ちょっと甘いから・・・言っておくけど
 ハローワークで仕事見つけてもらえるなんて考え・・・
 捨てた方がいいからな、ほとんどないから。
 自分が必死で動いてでも・・・ないわ。
 何とか、見つけてくれるやろう~的な考えは
 捨てやんといかんで」

「そうか・・・」

「当然よ、60歳すぎた 何の資格もないおっさんを
 ホイホイと雇ってはくれないよ。
 いくつもいくつも必死で探してでも・・・ないわ」

「・・・・・・」

「厳しいこと、言うようやけど・・・
 あんた、考えがちょっと甘いからな。
 頭に、それを叩きこんでおいて。
 まぁ、失業保険3か月待機して・・・
 それから150日やから・・・
 来年の私の誕生日くらいまでやな。
 それから、運転免許取得までの2年間。
 これを、何とか切り抜けなきゃあかん・・・
 運転免許取得できたからって仕事があるわけでもないしな。
 私の店も、どんなもんかわからんしな。
 私が、今思うのは・・・
 植木、やったらどうよ?9年もやってたのに。
 ちょっとくらいできるんちゃうん?
 体がしんどいやろうから・・・
 たとえ、半日でもええやん。
 今、植木屋さんの相場は・・・2万くらい?
 まぁ植木組合とかあるかないか調べて
 安くやっていけるかどうかを調べて・・・いけるなら
 ちょっとした葉刈りとかを安くやればええねん。
 私は、自分の店に どこかの店の宣伝とかするのを
 大嫌いやったけど・・・
 これからは、そんなことも考えていかなあかん。
 〇〇〇(長男)も何かやるらしいから
 お互いにリンクさせて盛り上げることも考えてる。
 そやから、まだまだ先やけど
 安い、植木屋さん!みたいなポスターとかも店に貼る。
 まぁ・・・まだまだやけど・・・
 そういうことも、ちょっとは頭に入れておいて。
 一日、1000円でも2000円でも稼いでもらったら
 私としては・・・助かる。
 私の お店がなぁ・・・ふぅ・・・お客さんがなぁ・・・
 繁盛すればいいんやけどな・・・まぁ、私もガンバるからな!」

「うん・・・」



あんた、ほんま口数少ないね。
もっと、意見述べて~~~~~!

ま、そこがいいんですけどね(^^)
[PR]
旦那と私の一日の始まりは・・・
感謝の気持ちを述べてから。

「ありがとうございます」
(まぁ、これだけ言うのではないのですが)

そんな言葉を述べた後
鍵付きロッカーの鍵を私が開け
500円玉貯金箱(缶)に
夫婦それぞれ1枚づつ500円を入れます。
その後、仏さんにお茶をあげ
感謝の気持ちで仏壇に手を合わせ・・・
それから、旦那は掃除機をかけてくれたりします。
出かける用事のあるときは出かけ
何もないときは、家にいます。

どんなに好きだったドラマでも
再放送ってものは観ない私なのに・・・
嵐の二宮君が出演してた
「流星の絆」ってドラマを
なぜか・・・観たいなぁ~ってずっと思ってたんです。
このドラマやってた頃には
すでに二宮くんファンだった私は
リアルタイムで観ていたのですが
このドラマが、もう一度観たくて・・・
で、久しぶりにレンタルビデオ屋さんに行って
借りてきたんです「流星の絆」を。
で、二人で観てるわけですが・・・
なんで、こうも涙が流れるんでしょうかね?
しかも二人とも・・・です。
泣いてるところを旦那に見られることの恥ずかしさも
少なくなってきて、、、旦那も泣いてるしね(^^;)
ほれ。って箱ティッシュを渡してくれますわ^^

やっぱ、このドラマ おもろい!!
やっぱ、二宮君・・・好き・・・いやぁ~~ん(^^)




さて、明日付けで退社の旦那。
保険関係は、どうやったらベターか?
色んなことを調べてましたが
ブログ友達さんからも、色々と親切に教えていただき・・・
ほんとうに、ありがとう!! 感謝してます m(。。)m

それで、実際 どれくらいの金額を
支払っていかなきゃいけないか?
それを<協会けんぽ>さんと<町役場>さんで
比較してみました。
会社の健康保険には任意で2年継続ができます。
これは、次男も含んでもらって3人分の保険料になります。
退職日から20日以内に手続きをしなければなりません。
旦那の場合は6月19日までです。
このあたりは、自分も調べていたので知っていたのですが
例えば、5月30日付けで退職した場合
喪失日が5月31日となり
その日には、国民健康保険に加入しなければならないのです。
そうなった場合、会社に先に収めた51000円は
返金されるってことを知らなかったのです。
それを教えていただき、わぁ~~!そや!って思いました。
もちろん、会社の保険を任意継続するならそのままです。
国民健康保険に加入する方が安いか?
このまま会社の保険を(2年だけですが)継続するほうがいいか?
それで、朝から 計算していただきました。
国民健康保険は任意継続と違って
一人ふえると保険料も増えます・・・
計算は、去年の源泉徴収から算出されます。
結果・・・


任意継続の場合、最後に会社に支払った
健康保険料プラス介護保険だそうです。
これが、旦那の場合20000円くらいでした。
この20000円くらい×2で40000円くらいになります。
これが任意継続した場合、旦那が支払う健康保険料です。
でも、上限が32984円だそうで
会社の健康保険を任意継続した場合 32984円です。
(厚生年金は個人ではかけれません)
どっひゃ~~~~ん!! こんな高いの?
こりゃ、無理無理!と 町役場に計算をお願いしたら・・・
旦那と私の二人なら   51780円
次男も入って三人なら  55149円と言われました。
どっひゃ~~~~~~ん!!!!!!!!
そんなに???
まぁ・・・来年になったら収入がないので
(失業保険の分は加算されないらしいです)
もっともっと安くなるはずですが・・・
とにかく1年だけでも、任意継続のほうが安いので
任意継続の書類を送っていただく手続きをしました。



ふぅ・・・
おら、びっくら こいただ。
[PR]
by miruku_59 | 2017-05-29 12:17 | その他
5月26日(金)

色々と忙しかった。
旦那は会社の組合を脱退しているので
組合のチカラってものは借りれない。
でも、あまりにもかわいそうだと・・・
何人もの人が助けてくれて
組合の弁護士さんに相談できるようにしてくれて
相談に行ってきた。
相談料は、30分で5400円。
正直、私にすれば 無駄なのにな・・・って思ってた。
それでも、紹介してくれた人に悪いから・・・と
弁護士さんのところに行ってきた。
結果は・・・まぁ・・・私の思った通りだったかな。


その後、会社に厚生年金のお金を支払いに行ってきた。
勤めた日数は2日なので 支払いが51000円ほどあった。
そして、いつ付で辞めるのがいいかを調べてもらってたが
5月30日付けがいいと言われ・・・その日にすることに。
6月になると、保険料の支払いがあるらしいので
1日間の余裕を持って?30日がいいと言われた。

勤務年数 25年、年齢59歳。
自己都合で退社すれば 失業保険は三か月待機の150日分。
会社都合で退社すれば 待機期間ナシの330日分となる。
同僚にもクビにしてもらいや~と言われ
弁護士さんからも、クビにしてもらい。と言われ
ハローワークでも今回の場合は自己都合ではないですよ。
そう言われたのに・・・
会社は、解雇にすると助成金が受けれなくなると言って
自己都合で退職してください。の一点張り。
旦那は病気だし、立ち仕事は無理だし・・・
次の仕事はあるとは思えない・・・
たとえ、ちょっとでも長く失業保険をいただきたいのに
その思いも断ち切られ、、、
散々、私もねばって必死に訴えたが、、、ダメだった。
もう、、、いいわ・・・
こんなに困っているのに、、、
会社都合って・・・そんなに難しいのか?
ハローワークでも、会社都合だと言ってくれてるのに。
助成金が大事なんか・・・あ、そ、もういいわ。と
途中で、あきらめた。ま、これも運命かな・・・と。
応対していただいてる上司の人も
社長から色々と言われて苦しいのだろうと・・・
あきらめた。


「〇〇さん(旦那のこと)あの事故の時
 車から降りてたら・・・こっちが悪くなかったんやで」


そりゃ、そうだわね。
相手の人に、あんな飛び込み方されてるのだから。
避けれるわけないやん。
でも、そんなことを言われてもむなしいだけ・・・
それを怠ったから、こうなってる。
全て、旦那が悪いんです・・・
もう、それは・・・ほんとうに 身にしみてます。本人は。

結局、この日に会社から渡された退職願にサインした。
あ~~
とうとう、会社 辞めたんだ・・・
25年間、ご苦労様。
せめて最後は、明るく行こう!!


「旦那が25年間、お世話になった会社です。
 写真撮ってもいいですか?」

「いいですよ」

「Hさん(上司の方)も一緒に撮りましょう!」

「撮りましょか!」

そう言って、最後は笑顔で・・・



  3人でパチリとな!
a0345094_124452.jpg




  2人でパチリとな!
a0345094_1252244.jpg




  〇君、お疲れ様!
a0345094_1255949.jpg

上司の人と握手をして(え?なんで私が^^?)
それから、会社を後にする私達に・・・
事務所の人達が(事務員さん以外)皆 外に出てくれて・・・
敬礼をしてくれたのです。
私は、もう 涙 止まらずで・・・


買い物もたくさんあったので
その後、買い物に行きました。スーパーの駐車場で
何人かの仲のよかった人には電話をしてた旦那。

まず同僚のHさん。
辞めたらハローワークに行って・・・などの説明を
親切に1時間以上もして下さいました。

それから、弁護士さんを紹介してくれた会社の人に。

それから、事務所の人。心配してくれて助けてくれた人。

それから・・・Mさんという事務所の人。
旦那が入社した頃からいて
いつも、可愛がってもらってたそうだ。
旦那はなぜか、電話はハンズフリーなので聞こえてくる。


「Mさん、こんなんで 今日 もう辞める手続きしてきたんよ。
 Mさんには、ほんまにお世話になって・・・ありがとう」

「え~~~悲しいよぉ・・・
 俺な、ほんまに 〇〇さん(旦那のこと)のこと好きやった」

「ありがとうやで、おらこそ・・・いつも、ええにしてもらって
 お世話になりっぱなしで・・・ありがとう」

「ほんまに、あんたのこと 好きやったわ」

「いやいや、おらこそMさんのこと好きやった。
 いつも、気にかけてくれて・・・
 ほんまに、ありがとうやったで」


最後にドライバー仲間のSさん。


「Sさん、お世話になりました・・・
 今日で、辞める手続きしてきました」

「なぁ・・・俺も、冷たいようやけど
 こんな時に電話してもって思って・・・できんかったんよ。
 しばらくは静かにしておいてあげようって皆に言うて」

「うんうん、わかってるよ、ありがとうやで」

「なぁ・・・俺、また戻ってくると思ってるんよ」

「うんうん、また3年して戻れたら よろしく頼むわ」

「うん、戻って来いよ~!」

「Sさん、ちょっと 嫁が話したいって言うてるから」

「あ、もしもし Sさん? 嫁です。お世話になりました。
 いつも色々といただいてありがとうございました」

「かわいそうになぁ~~ かわいそうに!!」

「えへへ・・・かわいそうでしょ?
 えへへ・・・けど前向いてます!大丈夫です!」

「かわいそうに、かわいそうに・・・」

「えへ、主人にかわりますね~~」

「あ、Sさん・・・そしたら また!おおきにやで」

「お~ がんばれよ~」


Sさんとの電話が終わった後・・・
旦那が泣いてきて・・・
旦那が、号泣するのは冬ソナ以来か?
号泣が、止まらず・・・
こんなに泣く旦那は初めて見ました。
旦那が悪いのは、重々わかっています・・・
でも、かわいそうでかわいそうで・・・
背中をさすってあげました。

「ううぅ・・・う・・・く・・・う・・・」

おえつが止まらない旦那の背中を何度もさすりながら

「大丈夫やで、大丈夫やで!大丈夫やからな」

その後、スーパーに買い物に行ったのですが
ちょっと離れたところにいる旦那の泣き声が聞こえ・・・
私は旦那に近づき・・・

「元気出し!!大丈夫やで!どんなんしても暮らせるで!」

「グスグス・・・ううぅグス・・・」

「どうしたん?何が悲しいの?」

「・・・ううぅ・・・ううぅ・・・グス」

「会社の人の言葉が悲しかったん?
 自分がかわいそうなん?私がかわいそうなん?」

「おら・・・グスグス・・・ううぅ・・・
 おら・・・自分のことは・・・ううぅ
 かわいそうでもなんでもない・・・ううぅ
 おらが悪いから・・・ううぅ、こうなった。
 おらは、そこは吹っ切れてる・・・うぅ
 おまえにも・・・おまえには・・・ううぅぅ
 一番、迷惑かけて・・・ううぅ・・・辛い目に合わせ
 悪いと思ってる・・・グスううぅ
 おらを・・・こんなおらを・・・グスグス
 こんな、できてないおらを・・・会社のみんな思ってくれて
 それが・・・それが・・・うれしくて・・・
 みなを・・・うぅ・・・みなにこんなに・・・迷惑かけて
 こんな、おらを・・・そこまで・・・ううぅ・・・」

「そう・・・じゃ、人さまに感謝できた?
 あんたが反対の立場なら こんなにできた?」

「いや・・・おらは・・・ううぅ・・でけへん」

「けど、今回 うれしかったんやろ?
 人って、みな こうやって心配してくれるんやで。
 わかった?」

「うん・・・」

「そう・・・よかったね」
 
「何にも、せんでも・・・うぅ 腹だけは減るのぉ」

「そうやね」

「パクパクパク」

「あんたさ、、、ほんまに悲しいの?
 そんなに泣いてる人が、、、そんな口いっぱいに
 巻き寿司をほおばるか?」

「フンガフンガ、うまい・・・」

「(^^;)」




旦那が大号泣した夜。
[PR]
ううぅーー
ほんとなら、今日は旦那の給料日だよな・・・
今月は2日ほど働いた時点で逮捕されたから・・・
給料どころか、、、
むしろ厚生年金代を支払いに行かなければならない。
退社も決めてはいるけど、いつ付けの退社がいいのやら?
一番いい方法を、また電話してくれるというので
上司の方からの連絡を待っています。


家に売るものはないか?
嫁入りのときに持ってきた和服。
もう、全然 着ることもないし
一体、いかほどになるのか鑑定してもらった。
母は、私に作ってくれた この着物の代金 500万円を
一生懸命、支払ってくれてたことを知ってる。
請求書に 500万円の文字があったのも
鮮明に覚えています・・・
和服を着ることがないので 何度も売ろうと思ったけど
母の想いが・・・
それで、売ることができなかった。
けど、そんなことは言っておれない。
お金になるものは、お金にしていきたい。
そんなわけで、和服の鑑定をお願いした。


「思ったより、安いと思いますので
 びっくりされるかも知れません」

「はい・・・おいくらですか?」

「はい・・・たくさんあるのですが モノになるのは1点でした」

「はい・・・」

「・・・・・・500円です」

「え、え~~~~~~(@。@) ご、ご、500円~~~!!」

「はい、もう持っておかれた方がいいかと・・・」

「そうですね (^^;) そうします。
 遠いところをすみませんでした」

「いえ、お役に立てずに 申し訳ないです」

「いえ・・・ありがとうございます」



どっひゃ~~~~ん!!
500円てか?
やめやめ~~  何か、考えます(^^;)





旦那が仲のよかった同僚のHさんから
旦那にラインが届いた(ラインしてるのね^^)
このHさんというのは、すごく正義感の強い人らしい。
先日、会社をクビになった人がいる。
まぁ、クビにはしないでくれ・・・みたいなことがあり
(次の会社の面接で困るかららしい)
自己都合って形で退社したらしいが。
辞めた、その人が卑怯な仕事のやり方をするので
Hさんは、その人の顔を見るのも気分が悪いとか言って
会社を2回ほど早退したこともあるらしい。
そんな、まっすぐなHさんなので
旦那が、ひき逃げしたと思い込んで
電話連絡もないのかな?
それとも、そんなの・・・電話しにくいのかな?
まぁ、旦那も誰にも電話はしなかったのですが・・・
そのHさんからラインをいただき
旦那はスグに電話をしたのです。
ハンズフリーにしていたので
(なんで、旦那はいつもハンズフリーなんだろ?)
横にいた私にも会話は聞こえてきました・・・


「もしもし、Hさん?ラインありがとう
 えらいこと、なってしもて・・・まぁ、しゃ~ないわ自分が悪いから」

「〇〇さん(旦那のこと)、声 元気そうでよかった。
 Yさんとジャスコで会ったんやろ?」

「そそ、奥さんと一緒に買い物に来てたわ」

「で、Yさんも言うてたんよ。〇〇さん、元気そうやったって」

「うんうん・・・」

「俺・・・電話したかったけど ようせんかったんよ。
 けど、Yさんも もう電話してあげたら?って言ってくれて
 ほんでも、電話しにくくって・・・ラインしたんよ」

「うん、おらもな・・・ちゃんと決まったら連絡しようと
 思ってたんやけど、まだ起訴か不起訴か決まってないんよ。
 けど、行政の処分は免許取り消し3年なんよ」

「それ、殺生やなぁ。俺も色々と調べたんよ」

「うん、ありがとう。嫁も調べてくれたんやけどな・・・」

「俺、こんな言い方したら悪いけど
 会社も冷たいと思うんよ。もっと動いてくれな」

「いや・・・Hさん、会社は すごくよくしてくれてるんよ」

「そう?でな、駅のロータリーで
 いつも、人の悪口ばっかりの連中が
 〇〇さんのことだけは誰も悪口言うてないわ。
 それだけ、〇〇さんは ええ人やのに・・・」

「そう?みんなに悪く言われてると思ってたわ」

「いやいや、誰も言うてない」

「あ、そう。それは・・・ありがたいなぁ」

「俺もな・・・〇〇さん おれへんようになって淋しくて
 スグに戻ってきてくれると思ってたのに・・・」

「うん、Hさん・・・おらも、こんなこと続けてられへんし
 なんでもいいから仕事せんとアカンし
 まぁ、今の会社は辞めることになるけど
 しばらくは失業保険あるけど・・・ちょっとやしな」

「うん・・・俺、淋しくて淋しくて
 仕事する気も起こらなくなって・・・
 あの団地のところで、昼寝よくしてるねん。
 〇〇さんだけに色んなこと聞いてもらってたし・・・
 俺、ハリないわ・・・淋しいわ。
 今月の売り上げなんて、ガタ落ちやで」

「・・・・・・ありがとう Hさん・・・
 そんなん言わんとがんばってな~」

「なんとか、ならへんかなぁ・・・」

「ありがとうやで。また、ちゃんと決まったら連絡するわ」




ありがたいね・・・旦那、うれしいやろな。
すごくすごく、ありがたい言葉に
私は泣けました・・・
[PR]
旦那と沖縄に行ってきました・・・
何を書いても涙が出そうですが、、、
こらえます。


沖縄でいっぱい話しました。


「免許取得まで、約1000日あるけど・・・
 一人、一日500円貯金せえへん?
 二人で 1000円、1000日で 100万円。
 きっちり 1000日ちゃうけど ざっと 100万円貯まる。
 これを、免許取得費用にして
 残ったお金で・・・3年間我慢した旅行したい。
 めっちゃ豪華に旅行したい!」

「お♪ それ、ええ考え!!
 また希望わいてきた。3年後の希望わいてきた」

「やろ?3年後も元気でおれるかどうかは
 わからんけど・・・それでも、元気だろうと仮定して
 で、がんばって貯金していこうよ!」

「そうやな!わかった。
 おら、それで 旅行プレゼントするわ」

「(^^;) はぁ?プレゼントっていうのは
 あんたが全部 旅行代を出すことを言う」

「あ (^^;) そっかそっか わりわり」

「ぷ・・・(^^;)



そして、沖縄から帰ってきてスグに100均へ。
今は、500円で50万円貯まる貯金箱がなくて
30万円貯まる貯金箱(缶)を4つ買いました。


   

  こんな貯金箱(缶)です。
a0345094_1422264.jpg




  平成29年5月23日(火)スタートです!
a0345094_1422754.jpg

[PR]
昨日、友達が電話をくれた。

「明日から沖縄やろ?
 いつも、車に乗せてもらってばっかりやったけど
 今日は、車があるから 私らが車出すから
 どっか、行かへん?」

そう、電話をもらって

「うんうん、行こう」

そう言って出かけた・・・んだけど
友達が家まで迎えに来てくれるまでに
旦那と審査請求のことで口論になり・・・
(審査請求と言うのは、運転免許取り消しに不服があるので
 公安委員会に審査請求をできるというもの)
友達の車に乗った後も、こんな気持ちでは
どこに行っても楽しくないなぁ~~と
友達も、私らの前でも構わないなら
ケンカの続きをどうぞ。って言ってくれたので
旦那とケンカの続きをした。
ケンカの原因と言うのは・・・
私が必死で審査請求の書類を作成し
私が納得いかない気持ちを書こうと考えているのに

「そんなもん、書いても一緒や。無駄」

と、吐き捨てるように言ったこと。
私は・・・もう、審査請求したくない。
早く、この出来事から離れたい。
審査請求をしても・・・結果がでるのは
長い人で三年、短い人で三か月ほどかかると言われ
その間、苦しみたくないから・・・もういい。
そう言った私に、、、最後だから頼む!と言っておきながら
いざ、私が よし!という気持ちになったら

「そんなもん、書いても一緒や。無駄」

このような言葉を吐き捨てたことに

「なんという言い方?言い方ってもんがあるやろ?
 人が寝ずに必死になってるのに!」

もう「反省してます」だけ書けばいいと言うのだ。
はぁ?? それこそ、無駄やろ!
ちゃんと、もっと、はっきりと審査請求した理由書かなきゃ!
それで、私が必死になってるのに・・・プンプンだ!
ま、
こんな感じでケンカしてしまった。
今は・・・もう、仲直りしたのでいいのだけれど

会社の人からも電話をいただき
皆でどうにかして会社に残れるよう
嘆願書を書こうと言っている。って言ってもらってるのに

「ありがとう」

そう言えばいいものを

「いや、もう その会社に未練もないし」

そんなことを言っていた。
おまえはアホか?
相手の深いあたたかい思いやりを・・・
ありがたく受け取ることもせず
もう、その会社には未練はない?
はぁ~~?
気分の悪い言い方だと思う。
素直に「ありがとう、そんな言葉言ってもらって」
それだけで、いいんじゃないんだろうか?

ほんまに、なってない男だ!!!
何度も言い聞かせた。
ひとさまが、優しくそう言ってくれてるのに

「ありがとう」

それでいいじゃないか!!
このまま、どんな仕事内容になろうが
今の会社に残れれば、こんなありがたいことはない。
ほんと、こんなありがたいことはない。

旦那って、言葉使い 知らなさすぎるのか?
めっちゃ、優しくて いい人間なのに。。。
バカなのか?
[PR]
旦那は、私と違って喜怒哀楽の激しい人ではない。
今の気持ちは、ほんとは どんななのか?
すごぉ~~~くは、わからない・・・
でも、昨日・・・旦那の気持ちと
そして、私のこの悲しみが何なのか?
それが、ハッキリとわかりました。

昨日は、私の糖尿病の定期検診の日でした。
旦那に一緒についてきてもらいました。
定期検診の日には、診察が終わると やっぱ開放的になり

「何か、食べに行こうよ!」

「うーーん、、、おら・・・別に何も食べたくない。
 おまえだけ、好きなもん食べて来いよ。おら待ってる」

「なんで、そういうこと言うかな?」

「うーーーん」

「こんな日くらい(いつもだが)何か、食べさせてよ!」

「うーーん・・・ほな、どっか行く?」

「うん!」


それから、バイキングに・・・
そこで、色々と話しました。
携帯で、旦那が色々と検索してて・・・
会社も退社するのだけど 
この日行く予定が行けなくなって
一生懸命、旦那は自分が
失業保険どれくらいの期間もらえるか・・・
それを調べていました。
勤続年数20年以上で59歳で会社都合の解雇。
このような条件で 330日いただけると載っていました。
それを知った(実際のところ、わかりませんが)旦那は
めちゃめちゃ喜んで・・・


「やった~~~!!約1年もらえるなら
 なんとか、しのげるんちゃうんか?
 おら、5か月ほどしかもらわれへんと思って
 何もしないで、ずっと家にいるのか・・・と思うと
 もう・・・しんどかった。
 けど、1年近くもらえるなら ちょっとは気が楽や」

「うん・・・」

「あ~~~よかった!」

「うん・・・」

「これで、家にいてても なんか・・・どんよりしないかも」

「うん・・・そうなん」

「おら、やっぱ イヤやったんよ。
 やっぱり、男やから おらが働いて養いたいんよ」

「うん・・・私は、別に働くのは嫌じゃないから
 あんたが主夫してくれようが、どうってことない」

「おまえ、あんまり うれしそうでもないな」

「私も、今回 何が一番悲しいかが
 今、ハッキリとわかったわ」

「うん」

「私・・・今の生活がなくなることがイヤやったんや。
 自分が働いて、生活を支えるってことには
 全然、抵抗はないんやけど・・・
 あんた、昨日 私が泣いた時
 <それ、なんの涙?>って聞いたけど
 今、ハッキリわかったわ。
 私は、もちろん お金のことも どうしようって思うけど
 でも、一番の悲しい原因は それじゃないわ。
 私は、あんたが運転する車の横に乗せてもらって
 なぁなぁ、あそこに連れてって!とか
 なぁ、いいとこ見つけてん。そこに行こう!とか言ったら
 うんうんってイヤな顔せずに連れてってくれて・・・
 運転したくない~~ 仕事場に迎えに来て!って電話したら
 いいよ~。って迎えに来てくれて・・・一緒に帰る。
 あんたが運転してくれる車の助手席に乗せてもらって
 歌を一緒に聴きながら、色んな出来事を話したり
 あ~~~ この お店入ってみよ~~!とか
 そんな何でもない日常がなくなることが悲しかったんや。
 お金のことも気になるけど・・・
 そんなん、どうでもなるって思えるし そんな辛くない。
 けど、あんたの運転する車に乗れないという
 そんな平凡なこと、なくなるのが悲しかったんや。ってわかった」

「うん・・・
 おらも、おまえがお金のことを苦しんでんじゃないって
 ハッキリわかったわ。で、おら自身の苦しみも
 今、ハッキリわかったわ。おらは失業保険330日あったら
 あ~~約1年何とかしのげる!って めちゃうれしいんや。
 そやけど、おまえは違うんやのぉ・・・」

「私が、それを言うと
 あんたが、おらのせいで・・・って思ってくれて
 あんたを責めてるようになるけど
 そうじゃないで!!」

「そんなん、わかってるよ。
 おまえは、そんなことを責める人間じゃないのは
 おらは、よくわかってる。そんなことは思えへんよ」

「うん・・・でも、3年後には
 私のささやかな望みも また叶うよね?
 そんな生活、戻ってくるよね!」

「そうそう!!また、そんな日がくるよ~~!」

「うん!それまで 生きてな」

「(^^;) わかってるよ~」



こんな感じで・・・
お互いのモヤモヤがハッキリとわかったのです。

旦那は運転免許奪回を目指して・・・
そして私は運転免許を取った旦那の運転する
車の助手席に・・・一番に乗りたいです!

さ~~~~
モヤモヤもスッキリして、またがんばります。
[PR]
こちらのブログは、今まで美容と健康のことを
書いてきたのですが・・・
今日からは、ちと変更します。
ブログタイトルも変更です。

「1957年2月生まれ」

この↑ ↑ ↑ブログが、私のメインブログですが
旦那が、ひき逃げ容疑で逮捕され
免許取消し3年という行政処分を受け
旦那が、この先 免許取得できるまでの長い道のりを
こちらに、書いていきたいと思います。
メインブログに、そんなことばっか書いてたら
暗くなるので(^^;)
こちらのブログに、免許取得に関することや
3年間(いや・・・それ以上でしょう)
仕事も、ないかもしれないので
色んなことを節約していかなければなりません。
そういうことも、こちらのブログに書きたいと思います。


こちらも、よろしくです m(。。)m
旦那が運転免許取得できるまで
今日から 1076日 がんばるぞ!
[PR]