<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もうすぐ、保育所に仕事に行きます。
あ~~今日行ったら、一ヶ月になります。
ここ2~3日前からチト慣れたかな?って思います。
話したことなかった先生からも声をかけていただいたり

「先生に挨拶、忘れてました。お先です、お疲れ様~」

わざわざ、私のところに来てくれて
帰ります、の挨拶してくれたり

「あ、先生 ここ任せっきりですみません」

そんな風に私に声をかけてもらえたり
冗談を言える先生もできたり・・・
なんだか、ちょっと慣れてきたかな・・・





「先生、プール行った?」

「今年?プール行ってないよ」

「じゃ、ナナと来年一緒に行こう!」

「え?連れてってくれるの?」

「うん!先生は、特別!
 お父さんと、お母さんと、弟と、ナナと。
 それから先生の5人で行こう!」

「わぁ~ ありがとう」

「ナナ、先生と行きたい!先生が好き」



泣けるじゃないか・・・
なんて、うれしいこと言ってくれるの?
で、ついつい翌日もナナちゃんの姿を探したりして



「ナナちゃん、こんにちは~」

「なに?」



どっひゃ~~~ん(@。@;;)
なんと、冷たい態度。。。
そそ、子供ってそんなもんよね~



「先生・・・ババァ・・・」

「え?(@。@)」

「ババァ・・・」

「今なんて言ったの?」

「なんもない」

「ここちゃん、今なんて?」

「ババァ」

「そんなん言ったら、あかんやん」

「じゃ、ジジィ」

「え?(@。@)」

「ジジィ」

「・・・ここちゃん、そんなん言ったらあかんで」

「じゃ、おばさんの顔したジジィ」

「ここちゃん!(うまいこと、言うなぁ~~)」



でも、私のひざの上に座ってべったり甘えるのです。



「先生、頭、おかしいで」

「え!(@。@;;;) ビクっ!」

「自分の髪の毛、引っ張ってみ」

「引っ張ったよ、痛い痛い~~」

「うそやん」

「ほんまよ、痛い~~」

「髪の毛の上に、髪の毛あるで。浮いてるで」

「え!?(@。@;;;)そんなことないよ」

「(じ~~~っと見ながら)あれ?色が違う髪の毛ある」

「そう?そうかな?」

「先生、頭 変~~~!」

「(><)」


鋭いさっちゃんには、とうとうカツラがばれた~~(><)




先生たちが、小さなことで子供を叱りすぎでは?
そう思っていたけど
イザ自分もたくさんの子供の相手をすると
めちゃめちゃ忙しくて、、、
ついつい、小さなことでも叱ってしまった昨日の私。
もっと、優しく諭すように叱りたいと思う。
昨日、同じ組でいた先生は正職で何十年も勤めておられる。
もう、顔に優しさがにじみ出ておられるんだけど
子供を叱るときも、優しい。
それに、忙しくてバタバタしてても
子供の問かけには、優しく答えてる。
そういうのを見習わなくては・・・です!!

あ~慣れたとはいえ、、、
ルンルン気分では、行けない保育所。
まぁ、今日一日頑張ってきます(^^)
[PR]
昨日、旦那の幼馴染が家に来てくれました。
ちょっとした用事があって。
そのとき・・・

「こんな仕事あるけど、どうや?」 と

介護施設の管理人みたいな仕事を教えてくれました。
すごく、うれしかったし ありがたかったです。
少しだけ、悩んだのですが
もうすぐ、やっといただけるハローワークからの金額の
半分くらいでしたので・・・お断りしようってことになりました。
10月になれば、やっとハローワークの待機期間も終わり
やっとやっと、お金がいただけます。
正直な話、貯金が150万円減りました。
当然ですよね・・・
5月、6月、7月、8月、9月と旦那のお給料はなかったし
私も、ずいぶんと 仕事を休みました。
(うふ、私が仕事を休んでも関係ないのですが^^)
会社を辞めたために、税金などの請求がいっぺんにきたし
住民税が17万ほど、健康保険、任意継続で5ヶ月で16万ほど。
これだけでも33万くらいです。
他にも、事故のことでの色んなお金、普段の生活費・・・
旦那のお給料の5ヶ月分ほどに当たるお金が
貯金から消えていったのは仕方ありません。
それでも、外食も多くさせてもらってるし
旅行にも行きましたし、色んなところにも遊びに行ってるし
けっこう、楽しくやってます。
お金は、減っていってますが
最初ほどの心配もなく・・・むしろ明るく生きてます。
もうすぐ10月です。
やっと、やっと、やっと!
ハローワークさんからお金が入る!
最初は5~6日分だと思いますが・・・
まぁ、もう一月で やっと満額入ります。


「この管理人の仕事の話、おら行こうかのぉ・・・」

「あんた、そこで働いてくれても
 ハローワークでもらえる金額の半分やで。
 働いたほうが、お金が少ない・・・ってなるんやで。
 それなら、もう少し 体 休めて
 ゆっくりしたほうがいいんじゃない?」

「そうかのぉ・・・」

「そうよ、ゆっくり探せばいいよ。
 K君(旦那の幼馴染)には、すごく感謝してるけど
 もう少し、ゆっくりしいよ。
 せっかく雇用保険かけてたんやから
 ハローワークからもらおうよ。
 ゆっくり、探しながら ええところあれば行けばいいよ」

「そうする?」

「うん、そうして」



そんなわけで、旦那の幼馴染からの話は
お断りすることにしました。
けど、こんな私達のことを心配してくれて
お仕事の話をもってきてくれて・・・
K君、ほんまにありがとうな!



あ~~~
もうすぐ、ちょっとでも お金が入ってくるよ~!
使った150万円、またがんばって貯めるで~~!
元の位置まで、戻すぞ~~!
[PR]
9月23日(土)
旦那とスーパーに行ったら・・・
旦那の元同僚さんと会いました。
私は初対面でしたが
旦那が、また元の会社に戻りたいなんて言うもんですから
その元同僚さんにも愛想をふりまいたのです(^^;)


「あ、こんばんは~
 主人が、お世話になってました」

「あ、はい・・・」

「買い物ですか~?」

「うん。まぁ・・・」

「え?お孫さん?」

「うん・・・」

「わぁ~ おじいちゃん優しい?
 え?来年、小学生?わぁ~ 大きいですよね~」

「そやろ?この子、背が高いんよ」

「ですよね~ 可愛いお顔してますね~」

「え?そう?(^^)」

「うんうん、可愛い~
 あ、奥さんですか?初めまして!
 元同僚です、お世話になりました」

「あ、はい・・・」と、旦那の元同僚さんの奥さん。

「で、〇〇さん(旦那の元同僚さん)は
 お体は、どこもいいんですか?」

「うん、ワシな20kg痩せたんよ~」

「そうやでなぁ、〇〇さん えらい細なったよなぁ」と、旦那。

「そうよ、糖尿病でな」

「え?そうなんですか?私も糖尿病なんですよ」

「あ、そう」

「どこの病院なんですか?」

「〇〇病院」

「あ、そうですか?いいですか?あの病院」

「うん、まぁ・・・注射、打ってるんよ」

「はい、インスリン治療なんですか?」

「うん、なんやらって言う ごっつい高い注射よ」

「へ~ (この前、Nさんが打ってるって言ってたのかな?)」

「まぁ、今は体重も落ち着いて だいぶ、マシになったわ」

「そうですか~ それなら、よかったですね」




こんな感じで、いっぱい話しました。



「あんたよ、あんたが また会社に戻りたいって言うから
 戻りやすいように、、、がんばってるんやで」

「へ?」

「お愛想、ふりまいてんのよ」

「(^^;)」

「まぁ、3年後に元の会社に戻れるか戻れないかはわからないし
 違う仕事してるかわからんし、仕事もしないかもわからんけど
 とりあえずは、元同僚とも仲良くやっていけるよう
 なんとなく、しゃべった。
 うそやお世辞ではなく、思ったことを
 ちょっとオーバーに話しておいた」

「ふ (^^;)」

「戻れると、いいね(^^;)」




起訴?不起訴?
10月になったら・・・
また、検察庁に電話してみるかな・・・
電話も、スッとできる時と
ちょっと、恥ずかしいときがあるわ(^^;)

あーーーーーはやく、決まってほしいなぁ。。。
[PR]
9月6日(水)

とうとう、我慢できずに検察庁さんに電話した!
結果は・・・
起訴か不起訴か、まだ決まってないんですって(><)


「もしもし、あの・・・もう決まったでしょうか?」

「奥さん、まだなんよ。
 僕の方には、まだ何も報告が届いてないのよ」

「そうですか・・・わかりました。
 じゃ、また一ヶ月くらいしたら 電話させて、もらいます」

「はい、それじゃ」



こんな感じでした。
相手の方が不服申し立てをされて
それが受理され。。。まだ審査中?

あ~~仕方ない・・・もう少し、待ちましょう。





旦那の元上司のSさんに報告のため、電話を。


「もしもし、Sさんですか?」

「はい、〇〇さん。はい」

「元気ですか~~?」

「はい、元気ですよ」

「今、検察庁さんに電話したんですが
 まだ、起訴か不起訴か決まってないそうです」

「そうなんや・・・実はね、奥さん」

「はい?」

「ここ10日ほど前に会社に警察が来たんよ」

「え、え~~ そうですか?なんでですか?」

「うん、あの日の日報が警察に残ったままになってて
 それを持ってきてくれたんよ」

「そうですか」

「それで、その時 警察の人が言うには
 もう不起訴になったけど、相手の人が不服申し立てして・・・
 でも、もうそれも決まったんちゃうかな?って
 そう言ってたんやけどな・・・」

「いえ、まだらしいですわ。かなり、かかるそうです」

「そうなんや・・・」

「また、一ヶ月後くらいに電話します。って言ったんです。
 わかったら、Sさんに また、連絡しますね・・・
 それまでに、会社の方でわかったら 連絡お願いします」

「うんうん、こっちに何か動きがあれば
 すぐに連絡しますよ~」

「はい、お願いします」

「ところで、奥さん・・・仕事してるの?
 どうやって・・・大丈夫?」

「あ、あ~~ん まぁ・・・内職のようなことと
 ちょっとだけ、仕事してます。
 まぁ~~ 何とか楽しく暮らしてますよ~」

「そう・・・」

「主人が・・・〇〇タクシーはほんまによかった!って
 〇〇タクシーさんのこと、ばっかり言いますねん! 
 3年後、免許取れたら・・・
 Sさん、また雇ってもらえますか?」

「あらー うれしいこと言ってくれて・・・
 もちろん、大歓迎ですよ~」

「あはは、ありがとうございます」



そんな旦那の元上司Sさんとの電話を
旦那も聞いていたけど・・・
私は、旦那にこう言った。


「あんたは、いつもめでたすぎる。考えが軽すぎる。
 こうやって、上司の人が言ってくれても
 まに受けたらアカンやで。社交辞令やろうし・・・
 この人がその時まで会社にいるかどうかもわからんし。
 ただ・・・あんたが会社に戻りたいって言うから
 わざと、どんな感じか・・・言ってみたけどな。
 アテにしたらあかんで。
 悲観するのではなく、なんでも最悪を考えておいてな」

「わかってるよ、色んなこと見てきて知ったよ。
 絶対!って言われててもカンタンに反対のこと起るし
 あ~世の中って、そうなんや・・・ってわかってるよ」

「それなら、ええけどな」


旦那はタクシーに乗りたくて仕方ないらしい・・・
そんな、好きな仕事やったんや・・・
がんばれ~~~! 
[PR]
検察庁さん(今日は<さん>づけ気分(^^;))に
また8月末に電話します。
そう言ったのに・・・
なんか、、、迷惑かな?とか、、、
急に、思ったりして できてない。
人生は皮肉なもんだから・・・
もしかしたら、起訴か不起訴か・・・
もう決定されてるかもね(^^;)
9月18日が結婚記念日なので
それまでに電話してみようかな・・・
それまでに決まると、いいのにな・・・
ま、結婚記念日だからって、、、
特に関係ないけどさぁ~ あへへ
[PR]