住民税

旦那が、会社を辞めたので給料天引きされない分の
住民税の支払い票が送付されてきました。
自分で支払うなら、4回分割になってるんだろうな・・・
1回分は、終わってるのか?
2~4回分の支払い票が来た。
2回目は8月31日までに
3回目は10月31日までに
4回目は来年の1月31日までに納付だった。
最初、2回目分だけ支払ってきたけど
結局、今日 全部支払ってきた。
合計 177、800円。
任意継続の保険料、今月の引き落とし手続きが間に合わず
今回分は支払ってきた。 32、984円。
その前には、辞めてからの2回分 65、968円を支払ったし
他にも、色々と出費が重なったなぁ・・・
旦那は病院にも通ってるし、私は儲けがないし・・・
なのに、焼肉とか食べたくなるし・・・
あっはっは~ もう笑うしかないやん。

ふぅ~~
[PR]

# by miruku_59 | 2017-07-10 22:08 | その他

一発免許

一発免許とか、一発試験って言うんですね。
教習所に通わずに、いきなり試験場で運転免許取得することを。
私達夫婦は 飛び込み って言ってました(^^;)
それにかかる費用が、一回2000円だと聞いたので
30回、試験に落ちても 金額的には60000円やし
それ、いいやぁ~~ん!って思ってたけど
全然、違っていました。金額も、2~3万くらいかかるらしく
10回、受けても なかなか通らないとの経験者の話ですし
やはり、教習所に通うと決めた旦那。

やっぱ、運転免許がなければ、不便なんですよね・・・
どうしても、欲しいらしいです。
ま、そりゃ そうかね。
[PR]

# by miruku_59 | 2017-07-06 09:50

危なかった~~!

平成29年6月30日(金)午前11時42分頃

仕事帰りの私は、もうすぐ家に着くところの小さな交差点で
急に自転車で飛び出してきた少年をひきそうになった(@。@;)
ほんとう~~~~~に、びっくりした!!
その小さな交差点の角に友達の弟さん一家の家があるので
特に、その辺りはゆっくりと走る。
知り合いの子供さんと接触事故でも起こしたら後味悪いし
その辺りは、小さな子供さんが多いので
たまに、道路でバドミントンをしたりボール遊びをしている。
とにかく徐行しながら走っている。
小さな、その交差点で自転車に乗った男の子は
左の方から、猛スピードで私の車の前を走りすぎ右折した。
私が徐行して走っていなければ、確実に事故になってただろう・・・
私は、別に運転がトロイわけではない(と、自分では思っている)
ただ、めっちゃ安全運転なんです。
旦那からは・・・

「おらが教習所の先生ならおまえに100点あげるわ。
 安心して、乗ってられる」

運転の上手な旦那から、そう言ってもらうほど
模範的な運転なのです(と、自負しています)
まぁ・・・そう言ってもらってスグに
縁石?とやらに乗り上げて、、、旦那をびっくりさせたが(><)
まぁ、そんなこともあるけれど 安全運転だ(ほんまかいな?(^^;))
けど、こんなに注意深く運転していても
あんな急に飛び出されたら、、、どうしようもない時もある。
もちろん、その男の子には全く触れてもいないし
その男の子は、転んでもいない。
徐行してた私は急ブレーキを踏み
「きゃ~~~~~~~!」と 叫んだ。
助手席に置いていたカバンは転がり落ちた(><)
男の子は、申し訳なさそうな顔をして 私の車の前を横切り
びっくりした私に対し
「すみません」と言っていたような口もとだった。
そして、さ~~~っと いなくなった。
車の窓を開けるマもなく、バックミラーを見ると
その男の子の姿は、既になかった。
私が驚いたような顔をして、男の子が会釈して通りすぎ
車の窓も開けれず、バックミラーを見るまで
ほんと5秒くらいのことだったと思う。
なので、その男の子は 近くの家に入ったんだろうか?

その交差点から我が家までは1分もないくらいです。
出かける予定だったので、もう家には入らないから
外で待っててねと旦那に言ってたんだけど・・・

先日、ネットでこんな記事を読んだんです。
道で転んだ男の子を助けたのに
その男の子が、親に叱られると思って
助けてくれた男性の車にあてられて転んだ。って言ったんです。
それで、助けた男性が警察で事情を聞かれ・・・
何度も、違うって言ってるのに わかってもらえず・・・
やっと、何回目かに その男の子が本当のことを話した。
そんな記事を読んだんですよ・・・
で、え?もしかして・・・
さっきの男の子・・・私と接触はしなかったけど
もしかして、、、その後、、、自分で、、、転んで、、、
で、家に帰って、、、お母さんから、、、
どうしたの?って聞かれ、、、今、赤い車にあてられた、、、
え、え~~~~~まさか? そんなことなったら
赤い車を調べられて、すぐに私のことがわかって
で、ひき逃げ容疑?
え?夫婦で?ひき逃げにされちまう!!!
これは、アカン!!
私は、家の前から すぐに警察に電話した。
その時間は11時44分。

「はい、はい、そうです。はい、わかりました!
 はい、すぐに行きます!!」

車に乗り込んできた旦那が

「どうしたん?」

「こうこうこうこうで、こうこうこうやから
 あ~なったり、こ~なったりしたら怖いから
 スグに警察に行く!」

「はぁ?あたってないんやろ?」

「あたってないけど、どんなことがあるかわからん!」

「はぁ?で、なんで警察の〇岡を指名してるん?」

「だって、あんたを取り調べた人やから」

「はぁ?なんで?なんで〇岡?」

「ええやん、顔見てくる」

「はぁ~~~? おら、行きたくないわ。
 警察署の手前で降ろしてくれ。どっかで待ってるわ」

「ふ~~ん、わかった」

「なんで?そんなもんあたってないのに、そこまでせんでも」

「私だって、そこまでしないよ 普段は。
 けど、あんたのことがあったからやんか!怖いやん!」

「変なヤツ・・・」


20分ほど走ると警察署。
結局、じゃまくさがりの旦那は


「もう、車に乗って待っておくわ」

「わかった、行ってくるわ」

「おぉ・・・」

案内で、〇岡さんに面会したいと告げ
その部屋に行くと
車検証と自賠責保険証を持ってきて下さいと言われ
車に取りに戻り・・・事情を説明しました。

「お久しぶりです、主人がお世話になりました」

「あぁ・・・〇〇さん。はい。
 え、え~~っと警察に電話された時間わかりますか?」

「(スマホの履歴を見て)11時44分です」

「はい、では どんなだったんですか?」

「私、こうやって申し出て 仮に その男の子が
 あとで、自分でケガしてても 私がひき逃げてってなりますん?」

「それを、今から聞きます」

「あたってないんですよ、それでも?」

「それは、こちらで判断しますので 今から、聞きますから」

「はぁ~?あたってなくてもひき逃げ?」

「ま、説明してください」

「はい。私が ど~~たらこ~~たら
 で、ど~たら、こ~~たらなんです」

「その子は、何歳くらいですかね?」

「少額3年、4年、5年、6年くらいです。
 でも、まだ成長してない中学1年生と言えば そうも見えます」

「で、自転車は?大きかったですか?ママチャリ?」

「いや・・・ママチャリではないと思います。
 三輪車でもないですよ」

「服装は?」

「半ズボン?紺色みたいな・・・
 上は、白と言うか灰色というか・・・シャツです」

「あ、体操服ですね」

「違いますよ~~!体操服じゃないですよ。
 あなたが着てるような生地のシャツだったと思います。
 でも、それがほんとにそうでしたか?と聞かれれば
 違うかったかも知れません。絶対じゃないです」

「で、あたってないんですね」

「あたって、ないですよ!以前、どんなでも届けてって言われましたが
 こんなんでも届けるんですかね?」

「まぁ、あまり届けはないですね・・・」

「でしょうね」

「〇〇さんも、ご主人が ああなったから届けてるんでしょ?
 そんなことがなければ、届けないでしょ?」

「届けないですよ!あたってないのに。転んでもないのに。
 でも、その子が後で自分で転んで 赤い車にあてられたとか
 そんなウソついたとして、赤い車を調べられて
 私だとわかって、ひき逃げ!って言われたら
 かないませんやん。だから、来てるんですよ。
 夫婦でひき逃げにされちゃうじゃないですか!」

「(^^;)はぁ・・・で、車に乗ってたのはお一人ですか?」

「はい、一人です。今は、旦那が乗ってますよ。出かけますから。
 で、こうやって届けてたら大丈夫なんですね?」

「はい、相手の親御さんが もしひき逃げとか言ってきても
 〇〇さんは、こうやって届けてますよ。って言いますよ」

「私は絶対にあたってないけど、その後で転んでケガしても
 私、関係あるんですか?」

「それは、お二方から事情を聞いて僕らが判断します」

「ふーーん、そうですか」

「ま、車の写真を撮っておきましょか」

カメラを持って、外に出てくれた〇岡さん。

助手席に乗ってた旦那に・・・

「あんた!お世話になった〇岡さんやで!
 お世話になったやろ?」

「あぁ・・・こんにちは」と 旦那。

「あぁ・・・こんにちは」と 〇岡さん。

「写真、撮ってください」と 私。

「あれ?ここ 傷ついてますね?けっこう新しい」

「こんなん、知りませんよ。私、どっこもあたってないもん」

「ここ、歪んでますね」

「あ~これは、この前 駐車場で 縁石?とやらに
 ちょっと乗り上げたんです。え?こんなんも届けるの?」

「いやいや(^^;)けっこうですよ」
 
「写真、もっと撮っておいてくださいよ!」

「もう、撮りましたよ」

「ピンぼけてませんよね?もっと撮っておいてくださいよ!」

「(^^;)いやいや、もう大丈夫です」

「ま、相手の男の子は 自分が悪かったって感じで
 このおばはんに怒られる~~って感じで
 謝ってくれてから、急いで逃げた。って印象ですけどね」

「ぷ」

「で、一か月も先になって言ってきませんよね?」

「わかりませんけど・・・まぁ、あたってないんだから
 大丈夫と思いますよ」

「はぁーーい。それじゃ、ありがとうございます」

「はい、気を付けて帰ってくださいね」

「はぁーーい」



それから、旦那が勾留されてる時に
受け付けにいた警察官(なの?)の人に偶然 会って・・・
その人が、私を見て
え~~~っと・・・誰やったかな~?みたいな顔をするので




「37番です!!」




そう言うと・・・

「わっはっは~~~~」

って、笑ってくれました。あはは(^^;)
[PR]

# by miruku_59 | 2017-07-01 10:51 | その他

スッキリしました。

旦那から預かってる旦那のキャッシュカード。

「多分、105万くらいあるから使って」

そう言ってくれてたけど
このお金には絶対に手を付けずに
旦那の元に戻そうと思っていた。
絶対に使うことがないならキャッシュカードを
預かっているのさえ、、、しんどい。

「なぁ、このキャッシュカード返すわ」

「なんでよ、遠慮せずに使えばええんや。
 もう、お金ないやろ?全然、給料も入って来ないのに」

「いや、まだいける。お金なくなったら
 その時は、ほんまに言うから・・・
 そやから、キャシュカードは返しておくわ」

「そんなん、おらかて一回出したもんを
 よう受け取らんよ。いらんって、遠慮するなって。
 それに、その100万は おまえからもらったものやし」


うーーん、、、
一回出したものを、返してはもらえない。っていう旦那と
この、お金には手を付けたくないっていう私と・・・
どちらも、ちょっとプライド?が邪魔して・・・
結局、あみだくじをしたんです。

〇 105万は、旦那に全て返す。
〇 105万は、私が全ていただく。
〇 半分コに分ける。

あみだくじを誰が引くかはじゃんけんで決めました。
じゃんけんは、旦那が勝ちました。
そして・・・あみだくじの結果は・・・!!!


な、な、なんと!! 半分コってことになりました。
私は私で、なんだか悪い気が・・・
旦那は旦那で、一回出したのに・・・悪いなぁ~と。

でも、もう あみだくじで決まったこと。
お互い、何も思わず あみだくじに従いましょう!
そうなりました。

「多分105万あるはずやから
 おまえが55万取ってくれ。おら50万もらうわ」

「わかった、じゃ、遠慮なく!」

それから銀行のATMに行き、現金残高を確認。

「え?101万?
 ちょっと、105万ないで~~ 101万やんか。
 もう、私が50万でいいわ」

「(^^;) そうか・・・すまんのぉ」

そんなわけで、旦那には申し訳なかったけど
私にはラッキーでした~~(^^)


ケッ!旦那、なんで・・・
なんで、私に100万全て入るってあみだくじを
引かなかったんや~~~(^^;) って、、、

ウソやで。


円満解決できて、旦那にキャッシュカードも返せて
ほんまにスッキリしました(^^)
[PR]

# by miruku_59 | 2017-06-30 09:11 | その他

感謝と反省

昨日の朝、家に帰ると
旦那が電話中だった。
電話が終わった旦那に・・・
誰から?って聞くと
元、同僚の人や。
餞別のお返しのお礼の電話や。ってことだった。
会社の皆からは変人みたいに言われてたYさんって人らしい。

「おらは、ごく常識的な人やと思ってたけど
 皆からは、変人って言われてた。
 その理由がわからんかったけど・・・
 おらと電話番号は交換してないから
 どこかで、おらの電話番号を聞いてくれて
 わざわざ、返って気を使わせてありがとう。って
 電話くれたんよ」

「ふ~~ん、そうなんや・・・」

Yさん、わざわざ ありがとうございます!




昨日、仕事に行く道中でタクシー3台と出会った。
昨日は、また違う感情でタクシーを見れた。
以前は、目に入ることがイヤだったタクシー。
そして、平常心で見れるようになったタクシー。
そしてそして、昨日は・・・
仕事に向かう道中で1台目のタクシーを見たとき
その運転手さんが右折する場面が目に入ったんだけど

<わ、すごく右折しにくそう・・・大丈夫?
 うちの旦那もタクシーの運転手やったんやで。
 そりゃぁ~~ かっこよかったんだから!>

そんな思いで見つめてしまった・・・

テレビドラマでもタクシードライバーってのは
あまり主役にはなれず(ならんでもいいけどな)
いつも、主役の人を乗せて走る物体。
そそ、タクシーは脇役なんですが・・・

私の中では旦那のタクシーを運転する姿、好きだった~~
かっこよかった!男前やった!
旦那は運転が上手なんです。
あぁ・・・運転が上手だからこそ
あんな飛び出しに、どこにもあてずに走れたんやな・・・
せめて、ガードレールにあたってれば・・・
車から降りたんだろうなぁ・・・
そう何度も思ったけど・・・
今は、そんな思いもなく
相手の人が生きてくれてたことに感謝してるし
旦那の運転免許を3年取り消してくれた
この計らいに・・・感謝しています。
誰かはわからないけど
何かはわからないけど
旦那の体を休めるために
免許を取り上げてくれて、ありがとう。
罪を犯した旦那だけど
感謝と反省を深く心に刻む期間を与えてくれて
ほんまに、ありがとう。

3年後には、もっと感謝や反省ができる人間に
なってるよう、私も日々がんばります。


あ!話が横道にそれてるな(^^;)
ま、昨日は仕事に向かう道中で
3台のタクシーと出会ったけど
ほのぼのとした感情で見つめることができたんよ。
色んな傷が、私なりに・・・癒えてる。

もうバンバンとタクシー見てもかまへんよ!
時間さん、ありがとう。
[PR]

# by miruku_59 | 2017-06-29 10:14 | 旦那、運転免許への道