卓球を教えてもらってきた。

元同僚から

「明日、卓球の練習に来る?」のラインをもらって

昨日、卓球の練習場所に行ってきた。

 


    練習は10時から
a0345094_920045.jpg


私が、たまに行かせてもらう卓球は・・・
みなが、和気あいあいとして
大爆笑しながら楽しくやってるので
そんなだろう・・・とカンタン考えてた。
元同僚のW-ちゃんとも会えるし
Kちゃん(Sさんのこと)とも会えるし
そんな気持ちで行ったのに・・・
めちゃ本格的な卓球の練習で(^^;)
先生を入れて10人いたんだけど
ほとんどが、私よりも年上と思われるお年寄り・・・
腰も曲がってる人もいるし・・・
歩くときも、よぼよぼな気もする。
ところが、卓球を始めると かなりの達人ばかり。
高齢と思われるが、ずっと卓球をやってるんだろうなぁ・・・
そんな高齢の人に教えてるのが
その人達よりは、まだまだ若そうな先生。

「あかんやろ!あほか!」

「何回、言ったらわかるんや!」

「違う違う!手を振れって言ってるんちゃう!」

「誰が打てって言ってるんや!」

「集まれって言ってるやろ?何、やってるんや」

そういうキツイ言いかたで教える先生。
卓球に関して、教えるためにキツク言うのは まだ聞ける。
でも、卓球に関係ないことまで責めながら怒ってる先生は
そばで聞いてても、気分が悪い・・・
私は、軽い考えで行ったものだから

「W-ちゃん・・・
 ちょっと思ってたのと違うし
 練習は、パスする。見学だけするね~」

「わかった。じゃ、ボランティアでピン球拾いしてくれる?」

「うん、いいよ~」

そんなわけで、ずっとピン球拾いをしてた。
少し遅れて、保育所の仕事が終わったKちゃんが来た。
Kちゃんも少し戸惑っていたが
先生に言われるがまま練習してた。

私は・・・
いまさらメチャメチャ卓球が上手になりたいとか
そんなことは思ってない。卓球を楽しみたい・・・
その程度なので、あんなキツイ練習はイヤだ。
そう思っていたのに・・・
え?なに?この感覚・・・
どうしたん?うっそ~~
この先生に教えてもらいたい!
口は悪いけど、愛情感じる・・・
練習が終わるころには、そんな風に思うようになっていた。
自分の気持ちに、びっくり(@。@)
今、もめてるコーチと選手のなんやかんや・・・って
こんな感じなのかな?とも思ってしまった。

W-ちゃんは、その後も先生たちと食事だったようで
Kちゃんと私も誘ってくれたんだけど
Kちゃんは、英語を習ってるらしく
その授業まで、少ししか時間がなかったので
ゆっくり、みなとは行けなくて・・・
私と二人で、軽いランチを食べて別れた。

ランチを食べながら・・・
色んな出来事があったことを聞いた。
わぁ~ 大変だったんだと思いながら
みな、がんばって生きているんだなぁ~と痛感。

また、ゆっくりと会おうね。って約束して別れた。

「袋は六花亭の袋やけど中身は違うで」

そう言って、手渡されたものは鍋敷きだった。


 可愛い鍋敷き(^^♪ ありがとう~
a0345094_9464383.jpg
a0345094_9465792.jpg

[PR]
by miruku_59 | 2018-09-27 09:54 | その他